試験の難易度【臨床検査技師国家試験】

臨床検査技師の試験レベル

臨床検査技師の国家試験の合格率はだいたい80%程度となっています。 ただし受験をするためには3年以上の養成課程を受けなければいけないので、実質的な難易度は決して低い資格というわけではありません。 試験においては生物学と物理学の知識がかなり専門的に問われることになるので、もしこれから臨床検査技師としての資格取得や勤務を考えるなら高校生の時期からしっかり理系科目の単位を取得しておき入学をしてからそこに知識を積み重ねていくようにすることをすすめます。 入学をしてからは専門知識についての座学とともに実習を経験していきます。 在学中の講義で最も重要になるのはデータを性格に取り扱うという緻密さで、何度かあるだろうレポート提出においてもしっかり数字を間違えないようにしていかないと単位取得は難しくなります。 日々の勉強が試験と思い着実に学習をしていってもらいたいです。

一緒にとっておきたい便利な資格

臨床検査技師には上位資格があり、資格取得後に実務経験を重ねて「細胞検査士」という資格を取得することができます。 「細胞検査士」とは臨床検査技師の仕事の中でも細胞の検体検査に特化した専門職で、取得によりがん研究所や難病研究などのより高度な医療施設での勤務がしやすくなります。
細胞検査士は、がん細胞を早期発見するために、人体の細胞を検査する専門家のことです。専門資格を有した細胞検査士が、医師の指示のもとで、検査を行います。 引用>>

(more...)

臨床検査技師の資格

臨床検査技師としての主な勤務先

臨床検査技師の仕事は医師の指示に従い特定の患者さんの体の様子を化学的に分析するということです。 検査は既に何らかの症状が出ている人に対して行われる場合と、現在特に体に不調はないけれども隠れた病巣がないか調べるという場合とがあります。 そのため臨床検査技師の主な勤務先となるのは総合病院や医科大学の附属病院といった病院施設が主となり、他に診療所や検査センターなどといったところでも求人が出されることもあります。 中でも大きな病院には数多くの検査機器が置かれているのでそれだけ勤務する臨床検査技師の数も多くなります。 小さな病院では複数の機器を一人の臨床検査技師が担当することもありますが、大病院では特定の検査機器に専門職をつけ細かく仕事を分けるようにしているのが一般的です。

民間企業にも資格が生かせる

現在は医療機関内の検査技師は足りているところが多いため、医療機関とは別分野での仕事を探すことがおすすめです。 臨床検査技師の資格は病院施設だけでなく民間企業での勤務に活かしていくことができます。 製薬会社や健康器具を扱うメーカーなどでは開発作業を行うときに細かい検査を行う必要があるので、専属の臨床検査技師を雇うことも珍しくありませんし、公務員として都道府県の衛生研究所や公害研究所に入るという臨床検査技師もいます。 開発職の募集状況は求人サイトでも掲載されているため地域ごとの募集状況を確認するとよいでしょう。 ・

(more...)

勉強方法【臨床検査技師国家試験】

(more...)